×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

top枠左top枠左上1top枠左2 top枠左上2top枠左3top枠右上 top枠右

肩こりの治療法

マッサージと体操

top枠左下1top枠左下2top枠右下
h2枠左 h2枠上h2枠右

肩こりで堅くなった筋肉を解していきます

h2枠下

緊張や疲労で堅くなった筋肉をマッサージにより解していきます。
肩こりは、一部の筋肉が緊張して硬くなり疲労が溜まってしまう事が原因となります。
肩の筋肉に溜まった疲労物質を排出しないでいると肩こりが慢性化し、他の筋肉にも負担が広がり、こりの状態が伝染してしまいます。


h2枠左 h2枠上h2枠右

肩こりに効果のあるマッサージについて

h2枠下

効果のあるマッサージ方法を知ることで肩こりを解消していきます。
背中のマッサージなど自分の手では届かない場所は、誰かに手伝ってもらいましょう。
自分で有効なマッサージの方法や効果のあるツボを知っておくことで、周りの人たちへマッサージすることができれば、自分にも気持ちよいマッサージをしてもらえることでしょう。

肩こりの程度を知ろう
どの程度の肩こりであるかを知ることから肩こりであるかを知ることから

肩こりの症状を病院へ相談する
ひどい肩こりである場合や、医師に相談するようにしましょう

肩こりの筋肉について
重い頭を支えている首周りの筋肉と肩周辺の筋肉の図について

マッサージの基本について
指の力の加えかた。押し方など、肩こりに効くマッサージ

肩こりのつぼ押し:天柱 風池
首や背中など肩こりマッサージの中心となるこりのつぼ

肩こりに効く代表的なツボ 肩井 肺兪
肩こりに有効となるつぼで最もつぼ押ししておきたいツボ
肩こりマッサージ体操
h2枠左 h2枠上h2枠右

堅くなった筋肉をマッサージにより解していきます

h2枠下

肩こりは、血行不良の状態が原因となります。違和感のある患部に直接刺激を与え、堅くなった筋肉を解します。
マッサージにより筋肉に溜まっていた疲労物質が流れ出し、直接刺激の気持ちよさと本来の動きを取り戻した筋肉の心地よさからマッサージが癖になる方も多くいます。


肩こりのマッサージには肩こりに有効なつぼを中心にマッサージしていきます。当サイトでは、つぼの位置からマッサージの方法などについて触れています。


空き時間を見つけて軽い体操やマッサージで緊張を解していきましょう。
緊張で堅くなった患部は、マッサージで揉みほぐす事や、ストレッチで十分に運動させて血行を促進させます。

背中のこりに良く効く 膏肓 天宗
自分でツボ押しが難しいツボ。効果の高いつぼ

手にある肩こりに効くツボ 曲池 合谷
ツボ押ししやすい手や腕のツボ

腕を反対側に引っ張るストレッチ
腕をあらゆる方向に伸ばす

首を横に倒していくストレッチ
首に痛みがある場合のストレッチ。首周辺の緊張を解す。

生活習慣を変えていく
肩こりを意識した生活習慣へ変えていくこと

疲れた身体を休めること:疲労対策
たっぷり熟睡することで疲労を回復する

h2枠左 h2枠上h2枠右

日々の運動が少ないと肩こりになりやすい

h2枠下

肩こりの原因として多いのが、一部の筋肉の過労働による疲労です。前かがみで作業を長時間続けるような仕事の場合には、中腰になる悪い姿勢を長時間続けてしまうことで腰とその周辺の筋肉が疲労し腰痛となります。同様に頭を前に突き出した(最も首 に負担がかかってしまう猫背の場合など)状態を続けることで頭を支えている首とその周り、肩、背中の筋肉に労働が集中してしまい筋肉疲労から肩こりとなります。


また、同様に肩こりの原因として多いのが、筋力低下による過労です。常に机に座って仕事をするデスクワークの方や、タクシー運転手など、一日の大半の時間を座る事が多い方は、運動不足になりやすい傾向にあり、筋力が低下している状態で運動を行うと 筋力が付いていけずに過労働させてしまいます。全くスポーツをしない方が、急にダッシュすると筋力が付いていけずに足の筋肉が張った状態になりすぐに根を上げてしまうのと同様の状態になります。

日頃から体を動かす事を意識した生活を送ることで筋力を維持し肩こりになりにくい身体づくりをしていきましょう。

肩こりマッサージ体操治療法当サイトについて|||

”肩こりマッサージ体操治療法”は、肩こりと頭痛の改善を目指す情報発信サイト。